日本一うまい蕎麦を食べに『仲佐』@下呂温泉に行ってきた。

僕の先輩に、”食べログの全国そばランキングの1位から10位までの店をすべて制覇した”という頭のおかしな人がいる。彼曰く「日本一うまい蕎麦屋は下呂温泉にある」とのことだったので、先日下呂温泉へ旅行に行った際に寄ってみた。

そのお店とは、岐阜県下呂温泉の中心街から徒歩10分のところにある『仲佐』というお蕎麦屋さんだ。2015年9月現在、食べログの全国そばランキングで3位。お蕎麦界において、最強クラスのお蕎麦屋さんであるといっていい。ワンピースでいうところの海軍本部三大将みたいなものである。

お店の開店時間は11:30だが、ギリギリにいくと行列が出来ているかもしれない。人気店なので開店の30分前に着くように行ってみた。

IMG_4400

開店の30分前(11:00頃)にお店へ到着すると、並んでいるのはたったの10人程度だった。

人気店の割に大したことないな、、、と思っていたら早とちり。開店時間が迫ると、目の前の列に加え、予約をしている人、並んでいる人の仲間が列に入ってきて、小さな列はあっという間に大行列へと変貌した。10番目に並んだのに、僕が店に入ったのは30番目くらいだった。

前方のおばさんがドラクエのスライムばりに仲間を呼んで、召喚されたおばさん5,6人が列に加わる、みたいなことが平然と行われるので、これから行く人はイライラしない広い心を持っていくことをオススメする。

IMG_4406

店に入り、おしながきを見る。普通の蕎麦屋さんと比べるとちょっと高めかもしれないが、日本一の蕎麦屋さんなんだから多少値が張るのはしょうがない。お金のことは気にせずに食べまくるのが正解だろう。

IMG_4407

まず、1日10食限定の蕎麦掻きを頼んだ。蕎麦掻きとは、モッチモチで柔らかい蕎麦の塊を、醤油につけて食べる料理のことである。十割蕎麦より濃厚で、蕎麦好きにはたまらない一品だ。

IMG_4409

続いて出てきたのが、ざるそば。つるつるで、しこしこしてて、十割だけどシッカリしたおそばだ。美味すぎるし、なんというか謎の透明感があって、神聖な食べ物のような印象。これまでたくさんの蕎麦を食べてきたけど、こんな蕎麦には出会ったことがない。これは、日本一うまいといって差し支えないだろう。

そばの食感が活きた甘味、蕎麦饅頭

IMG_4410

食後のデザートは、蕎麦饅頭。蕎麦饅頭とはその名の通り、蕎麦でつくった饅頭だ。モチモチつぶつぶした蕎麦の中にあんこがギュッとねじ込んである。蕎麦とアンコの相性がバッチリで、これまたうまい。

うまい蕎麦が食べたい人は、ぜひ行ってみてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です