一味変わった初詣が出来る。京都の松尾大社へ初詣に行ってきた。

2015年の三賀日、松尾大社で初詣をしたらかなり面白かった。

普通の神社での堅苦しい初詣より間違いなく面白く、人生で行った初詣の中で一番楽しかったのでレポート。

境内で日本酒が飲める。しかも美味い。

20150104235728

松尾大社はお酒の神様を祀っている神社。そのため、正月には全国の酒造からお酒が奉納される。初詣に行くと、そのお酒を飲めちゃうのだ。

20150104235740

酒枡(1200円)を購入して飲みたい銘柄を選ぶと、巫女さんがお酒を注いでくれる。お酒の中には金粉が入ってる。めでたいことこの上ない。

IMG_1219

僕が飲んだのは、『初日の出』という銘柄。京都は北山にある”羽田酒造”という酒造の大吟醸。

酒樽は3種類あるので、飲み終わったら200円でおかわりして飲み比べるのをオススメする。

自分の力で運勢が決まる、樽うらない

20150104235805

お酒を配っている反対側には、”樽うらない”というコーナー(?)が。

20150104235811

樽に向かって矢を射ち、運勢を占うシステムの模様。

樽の真ん中に当たると、大吉。”諸願成就の福矢”のストラップがもらえる。

樽の枠内に当たると、吉。”神使の絵馬”のストラップがもらえる。

樽の枠内に当たらないと、あまり福。”福亀のお守り”がもらえる。

IMG_1200

僕の結果はご覧の通りの亀。自分次第で運勢が決まるっていうのが斬新である。

通常のおみくじもあるけど、樽うらないの方が間違いなく楽しい。

人混みが嫌いな人も安心な混雑具合。

これだけユニークな初詣が出来るなら、さぞ参拝客も多い、、、なんてことはなく、そこまで混んでないのが松尾大社のいいところ。

参拝客はたくさんいるけど、行列が出来るほどではない。参道の両脇には過不足ない程度に出店が並んでる。何もかもが本当にちょうどいい具合。

八坂神社や伏見稲荷大社に行くと何時間も行列に並ぶけど、松尾大社なら本殿までスピーディーに到達できるはず。

日本酒が好きな関西人は是非行ってみて欲しい。

松尾大社への行き方

阪急嵐山線『松尾大社』駅から徒歩1分。京都駅から25分、梅田駅から50分で到着可能。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です