青春18切符で東京から京都まで唐突に帰ってみた

8月28日、日曜日。東京に遊びに来ていたが、突然予定がなくなってしまった。大学時代の友人である山口君と遊ぶ予定だったのだが、彼が風邪で床に伏してしまったのである。

今から別の友達と遊ぶのもなんだか面倒くさいが、だからといって、何もせずに新幹線に乗って京都に帰るのは金銭的に勿体無い気がする。うーん、安く京都に帰る方法はないものか。。。

そんなことを考えながら上野の金券ショップに入ったら、気づいたら青春18切符をGETしていた。

時刻はまだ13時、幸いにも鈍行で京都まで帰れる時間。そうだ 京都、行こう。

旅程

Yahoo!乗換案内先生によると、以下のスケジュールで京都までいけるらしい。

上野 ⇒ 京都
2016年08月28日

13:30 ⇒ 22:52

——————————

所要時間 9時間22分

運賃[IC優先] 8,210円

乗換 4回

距離 517.2km

——————————
■上野

↓ 13:30~13:36

↓ JR上野東京ライン  熱海行

▼東京(乗換不要)

↓ 97分

■熱海

↓ 15:40~18:14

↓ JR東海道本線  浜松行

■浜松

↓ 18:28~19:05

↓ JR東海道本線  豊橋行

■豊橋

↓ 19:32~21:38

↓ JR東海道本線新快速  米原行

■米原

↓ 21:40~22:52

↓ JR琵琶湖線快速  姫路行

■京都

東京⇔京都間の鈍行列車移動は接続が良ければ8時間ちょいでいけるらしいが、上野からだし、変な時間からのスタートだし、9時間半というのはまぁ上出来なんじゃないだろうか。ではハリキっていってみよう。

13:30@上野駅

18切符旅行をする人はだいたい東京から出発すると思うんだけど、僕が出発駅に選んだのは上野。

この電車、快速アクティーに乗ればここから二時間弱で熱海までいける。

東京駅で乗り換える必要もなく、小田原で乗り継ぐ必要もなく、一本で熱海に行けるのである。

15:14@熱海駅

熱海へ到着。ここでの乗り換え時間は26分。

あんまり時間はないけど、熱海の駅前には無料の足湯があるらしいので外に出ることに。

ここの足湯の名前は”家康の湯”。徳川家康が大好きだった熱海の”大湯”というお風呂を再現したデザインになっているんだそうな。

ちなみに家康は大好きな”大湯”の温泉を汲んで江戸まで運ばせていたらしい。家康さん頭おかしい。

足湯から出る際、タオルを持ってなかったので昨日履いてたボクサーパンツで足を拭いてたら、向かいのギャルがドン引きしていた。

そんなこんなで10分くらい足湯につかり、浜松行きの電車に乗ったわけである。

15:40@熱海駅→18:14@浜松駅

静岡を2時間半横断するという拷問を経て、浜松へ到着。

乗り換え案内によると次の電車が14分後に来るらしいけど、そんなもんは気にしない。とにかく腹が減っているのである。

浜松といえば浜松餃子。一番の有名店は駅前にある”むつ菊”というお店なのだが、行列必至の人気店らしいので並んでるうちに京都へ帰る電車がなくなってしまう。

というわけで、改札を出てすぐのとこにある”元祖 浜松ぎょうざ 石松”にやってきた。

これが浜松餃子10個定食。

美味しかったけど、見た目が浜松餃子っぽくなくてちょっとガッカリ。円形に並んでて真ん中に茹でモヤシが載ってるのが浜松餃子のイメージだったんだけど、この店だと25個頼まないと円形を拝むことは出来ないらしい。

そんなこんなで34分間の寄り道を経て、豊橋行きの電車に飛び乗った。

18:48@浜松駅→19:24@豊橋駅

浜松から30分で豊橋に到着。

乗り換え案内によると次の電車は8分後らしいが、僕の頭の中の悪魔が「名古屋名物きしめんを食べろ」と囁いてきたのでここでも寄り道をする。

駅構内のイートインコーナーにある、壺屋にやってきたのだ。

壺屋のきしめん。

麺も美味しかったんだけど、それ以上にダシが濃くて美味しかった。濃いんだけどしょっぱくなくて絶妙な味。

きしめんを食べたら、頭の中の悪魔が「食後には豊橋名物、大あんまきを食べろ」と囁いてきたんで、駅構内の藤田屋で大あんまきを購入。

左があんこ+カスタードで、右があんこオンリー。新垣結衣の素肌みたいにしっとりスベスベで美味しい生地と濃厚なあんこがたまらない一品だ。カロリーの絨毯爆撃みたいな食べ物なので、これを習慣的に食べていたら間違いなく太ると思う。

本日最長、39分間の寄り道を経て、次の電車で米原へと向かう。

20:03@豊橋駅→22:25@米原駅

ガッデム。22:10に米原へ到着して、22:14に京都行きへ乗り換える予定だったのに、米原への道中で列車が鹿と衝突した。おかげで遅延が起きてしまい、計画がパーに。

遅延のせいで米原駅ではダッシュで乗り換えたため、駅名の写真が撮れなかった。

というわけで米原では特に寄り道をするでもなく、京都行きの最終電車に乗り換えた。

22:41@米原駅→23:50@京都駅

目的地、京都に到着。

昼過ぎから無計画に移動を始めたけれど、なんとか帰ってくることができた。

が、しかし、僕の家は京都駅からバスに乗って十数分のところにあるので、この後タクシーで家まで帰るハメに。乗車時間たったの15分でタクシー代は2000円弱。ほぼ青春18切符と同額だ。

最後の最後で18切符のお得さをしみじみと感じて、家に帰り着くこととなった。

今度乗るときは列車が鹿とぶつかっても終電に間に合うよう、余裕を持って移動してみたいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です