プライベートを充実させたい社会人は生活リズムを固定しよう。生活リズム固定のススメ。

最近、生活リズムを固定してみたところ、毎日の充実度がグンと上がった。

というわけで、生活リズム固定をオススメする。

なぜ生活リズムを固定した方が良いのか?

生活リズムを固定してから、時間の使い方を意識して生活が出来るようになった。多分これが現代人にはとっても大事。

仕事が終わったらスーパーによって、家に帰る。

TVを見ながらご飯を食べ、食後はネットサーフィン。

Twitterを見たり、LINEに返信してたら、もう1時。

そろそろ寝ないと。。。

あ、今日も英語の勉強出来なかったな。。。

人間は意志の弱い生き物なので、予め時間の使い方を決めておかないと、こんな感じにダラダラと時間をつかってしまうんだそうな。

時間の使い方を決めないと、やりたいことに使う時間がなくなってしまうのである。

自分の理想の生活リズムを決める

例えば、僕の平日の生活リズム(理想)はこんな感じ。

6:00 起床 / 入浴 / 朝食

7:00 新聞チェック / 家事

8:00 勉強 / 移動

9:00 出社

〜仕事〜

21:00 退社 / 移動 / 買い物

22:00 夕食

22:30 テレビ

23:00 勉強

23:30 ネットサーフィン

24:00 ジョギング / 入浴

25:00 就寝

仕事中心の生活だけど、毎日少しずつ勉強とかの時間を確保。

理想通りに動けていない日もあるけれど、時間ごとにやることを決めたおかげでだいぶダラダラしにくくなっている。

生活リズムを守るコツは「諦めること」

生活リズムを決めても、それを守るとなると中々難しい。

  • 寝坊しちゃう。
  • 「5分だけ…」とか言って、Facebookとかtwitterとか開いちゃう。
  • 友達からLINEきちゃって、そっからズルズル会話しちゃう。
  • 動画とか見ちゃう。
  • 残業、飲み会で、予想外に帰宅が遅くなっちゃう。
  • やりたいことが終わらなくて夜更かししちゃう。
  • で、翌朝のリズムも崩れちゃう。

こんな感じで、スケジュール通りに動けないのが人間ってやつである。

そんな時は”諦めること”が大事。諦めることに引き換えに”就寝〜起床の時間だけ”は死守するのだ。

22時から予定があったのに、飲み会があって帰宅が23時になってしまった!

こんな時は、22時からの予定を諦めて、飛ばす!23時からは、元々23時に予定していたことをするべし。

22時の予定が終わらない!でも23時からは別の予定がある!

こんな時は、22時の予定を強制終了!途中でもいいから、とにかく中断して、23時からの予定に移るべし。

こんな感じで細かな予定はドンドン諦めていき、就寝時間になったら即座に寝る。就寝〜起床は生活リズムの起点だから、そこを抑えることを何よりも優先する。

1回時間の使い方を誤ったとしても、就寝〜起床でリズムをリセットすれば、翌日以降に影響が出なくなるというわけだ。

仕事に忙殺されてる社会人達に、是非とも試してもらいたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です