WEBコンサル会社を退職しました。

一身上の都合により、会社を辞めることにしました。会社名は出さないけれど、最近流行りの退職エントリを書いてみる。

どんな会社でどんな仕事をしていたのか

新卒入社から4年間、大阪のWEBコンサル会社でディレクターをやってました。

“WEBサービスを運営する大手企業に対してサービス運用のサポートをしたり、新規サービスの立ち上げ・既存サービスのリニューアル時に要件定義〜設計〜開発〜納品〜リリースを行う”というのが会社の事業で、僕はその全般におけるディレクションをやっていた感じ。

少し具体的にいうと顧客折衝、進行管理、設計といったものが挙げられるが、特定の何かをやっていたというわけではなく、その時その時で必要なことを割りと何でもやっていたという方が正しい。

入社して良かったこと

尊敬できる上司に出会えた

心から尊敬できる人に、人生で初めて出会うことが出来た。

現場に配属されて最初の上司が男気にあふれた素晴らしい人で、その背中を見ながら「任せて責任を取る」「浮いたボールを放置しない」「言い訳をしない」というスタンスやプロ意識を当たり前のものとして学んだ。

1年目に私がスクスクと成長することができたのは、彼の下で仕事をできたからだと思っており、最高の上司の下で社会人としての下地を培うことができた僕は最高に幸運だったと思っている。

「仕事って楽しい」と思えるようになった

前職は責任、プレッシャー、労働時間どれもそれなりにハードで潰れてしまう人もけっこういたが、僕は仕事が好きで好きでたまらなかった。「控えめにいって仕事最高!」というくらいのワーカホリック。

世の中では熱いモチベーションもなく嫌々働いてる人がマジョリティーで、仕事が好きな人・仕事を楽しんでる人はマイノリティー。仕事を好きになれなくても、プライベートに楽しみを見い出せばいいという考え方もあるけれど、個人的には仕事もプライベートも両方好きになれるのがベストだと思うので、マイノリティー側に入ることができてよかった。

ちなみに周りを見ているとメーカー、公務員、金融(非外資)、IT(SIer)に行った友人は前者に、人材、コンサル、金融(外資)、IT(自社サービス)、WEBに行った友人は後者になっている比率が高いような気がする。

思考力が鍛えられた

プロダクトの強みはどこにあるのか。それを求めているユーザーはどんな人なのか。このページに訪れるのはどういう状況のユーザーなのか。その状況のユーザーに対してどのようなコミュニケーションをとればストレスが少ないのか。

前職はこうしたことを考えまくる会社だった。もちろん数字を見ての分析も行うけれど、WEB業界特有の”あれこれ考える前にとにかく実装してA/Bテストをガンガンやる”という感じは一切なく、考えてから実装するのが当たり前。

スピード感がないし、考えている時間で実装しちゃった方がリソースの無駄がないんじゃないかと思うこともあったけれど、細かいところ1つをとっても”この要素はなぜ赤色なのか”といったことを毎度ちゃんと考えてきたせいか、常に根拠を持ちながら考える力が身についた。

おかげで未経験、専門外の領域の仕事に取り組むことになっても自分の頭で色々なことを組み立てられるようになり、今後のキャリアの財産を得たと思う。

タフになった

すべての仕事の責任は基本的にディレクターに集約されていたため責任範囲が広く重く、上場企業の役員さんと対峙することが多いためプレッシャーが大きく、月の残業は平均80時間(繁忙期は100時間、150時間を超えることも)。こんな環境で4年間やってきたため、精神的、肉体的にかなりタフになった。理不尽なこともたくさんあったので、この日本社会で生き抜いていくための忍耐力も身についたと思う。

ぶっちゃけ1年目は会社の社風に馴染めなかったり、部長の理不尽にストレスが爆発しそうになったりで入社2日目くらいから毎日「辞めよっかな」と思ってたのだけれど、”すぐに辞めるのはダサい”という気持ちで歯を食いしばって続けていたらいつの間にか4年も経っていた。人間なんでもやってみるものである。

最近は電通過労死問題を契機に世の中のハードワークに対する風当たりが厳しくなっているけれど、ビジネスマンとして上を目指すために20代は寝食忘れて仕事に打ち込んでキャパシティを広げたいと思っていたので、ハードな環境で働くことができたのはとてもありがたかった。

入社して良くなかったこと

社風が古く、理不尽が多い

WEB系の会社なので成果主義だったり、仕事の生産性を重視する社風があって、サバサバした組織なのかなーと思っていたら、真逆の古い組織だった。

組織の上の人達のご機嫌とりをしないと全然仕事が進まないという企業文化があり、偉い人が「休日をつぶしてアレをしてこい。コレをしてこい。もしやってきたら評価してやるけど、やらなかったらお前とお前の周囲の人達が仕事やりにくくなるだろうな。仕事じゃないからモチロン出勤扱いにはならないけど。」みたいなことを普通に要求してくる。控えめに言って地獄だった。

僕は”仕事をしているすべての人間は成果を出すために全力投球するのが当たり前”という考え方の持ち主なので、成果のことを考えずに自分が気持ちよく仕事をすることばかり考えている上の人のことは最後まで好きになれなかった。自分に対してストイックではないこういう”心の弱い人”が権力を得ると、組織の生産性を奪ったり、汚職に手を染めたりするんだろうなぁ…という事例を間近で見ることができたので、反面教師としては勉強になった。

お客さんよりも、社内の偉い人を優先する

前項では偉い人の振る舞いについて書いたが、非管理職の人(メンバー、リーダー、マネージャーレベル)の振る舞いもイマイチだった。例え話だが、仮に”お客さん”と”社内の偉い人”から同時に急ぎの呼び出しがあったとすると、社内の偉い人を優先して対応するような人がとても多かったの。理由を聞くと「仕事というのは評価されないと意味がない。評価は上の人が決めるものだから、上の人を優先する。」だそうな。

お客さんからとても大きなお金をいただいてWEBコンサルをやっているのに、うちが急いで対応しないとお客さんのビジネスにダメージを与えてしまうかもしれないのに、自分の評価のために社内の偉い人を優先する。1つの会社にしがみついて生きていくという考え方の人は会社での評価で人生が決まってしまうから、こういうバイアスに陥ってしまうのかもしれない。

僕が自分の職業倫理を貫きながら働くことができたのは”転職しようと思えばいつでもできるけど、まだこの会社でできることがあるから所属してる”くらいの気持ちだったからなのかも。まぁ納得はできるが共感はできない考え方だ。

誠実で責任感のある人が少ない

自分が犯した見積もりのミスを公言せず、メンバーの売上目標を勝手に引き上げるマネージャー。コミュニケーションもとらずに勝手に責任範囲を狭く捉え、低品質な仕様を策定するエンジニア。役員に詰めよられると架空の指示を部下に出したことにして、責任を押しつけるリーダー。こんなドラマや小説に出てくるような人がたくさんいた。

  • 嘘をつかない。
  • 自分の責任範囲を正しく捉える。
  • 責任を転嫁しない。

上に挙げた3つのことは人間として最低限の性質だと思うのだが、前職の会社ではこれを満たしている人は30%くらい。他所の会社がどんなもんなのか知らないけれど、前職は関西の有名大学を出ている人が多い会社にしては、いささか人間の質が低すぎたんじゃないかと思う。

説明責任を果たさない経営陣

経営陣および経営企画は会社のルールを策定、運営という仕事をしている以上説明責任を果たす義務があるはずなのだが、そこが全くちゃんとしていなかった。年に2回あるはずの人事考課が実施されなかったり、通年の業績目標を達成したのに業績達成賞与が支払われなかったり、稟議のフローが改悪されたりしたのだけれど、納得性のある説明がされたことは一度もない。

一応毎回全社員に対する質問会的なものがあったのでその時の質疑応答コーナーで根掘り葉掘り詰めようとすると、上司から「大勢がいる場で公開処刑みたいなことをするな。雰囲気が悪くなる。」という謎のロジックで指摘が入ってしまっていたため、問い詰めることもできなかった。「何のための質問会なのかわからないし、ダメなものをダメだと指摘しないからうちの組織はダメなままなんだ」とずっと思っていたが、案の定入社してから退職するまでずっとダメなままだった。

なぜ辞めるのか

「入社して良くなかったこと」に不満を書きなぐったため、ネガティブ退職かな?と思われるかもしれないが、辞める理由は仕事の不満ではなく家庭の事情である。

  • ここ1、2年で祖父母がみな老人ホームに入ることになった。
  • 地元を離れて関西に住んでいると中々会いにいくことが出来ず、1人に対して年に1回しか会えない。
  • 両親も祖父母の老人ホーム入りにあわせて生活スタイルの変化が必要だったり、金銭的、精神的、肉体的負担が増えた。

こんな背景から親族と過ごす時間を増やすために地元に帰ろうと思い、前職に就きながらそれを実現するのが難しかったため、退職に至ったというわけだ。

世の中には「不満があるから転職したい」という考えの人もいると思うけれど、個人的にはそういうネガティブな動機での転職はオススメない(※超絶ブラックな労働環境の人を除く)。リクルートで働いている友人も、三井物産で働いている友人も、アクセンチュアで働いている友人も、みな大なり小なりの不満を感じているとのことなので、きっとどんな組織にいったとしても不満がなくなることなんてないのだろう。

プライベートなりビジネスなりで実現したいことがあって、今の職場ではそれが叶えられない。そういったポジティブな動機から転職を考えるのが一番良いのではないだろうか。自分が採用担当だったとして、逃げてきたような人は採りたくない。

どんな会社、仕事に転職しようと思っているか

次は自社でWEBサービスを運営している会社でディレクターをやりたいと思っている。コンサル、受託側の仕事はそれはそれで楽しかったのだけれど、ビジネスに関われる部分が狭く、また、ロスが大きいと感じたため、事業側へ行きたい。

  • 営業チームがクライアントに提案して、受注し、クライアントから入稿してもらって、制作チームが原稿をつくって、クライアントに承認してもらって、サイトに商品を掲載する。
  • プロモーションチームが広告を出して、ユーザーがサイトに訪れて、わからないことがあってカスタマーサポートに問い合わせて、商品を注文する。
  • 注文情報をうけて、クライアントが商品を発送して、サイトからユーザーに配送状況のお知らせを送って、ユーザーのもとに商品が届く。

WEBサービスの運営には上記のように営業、制作、プロモーション、運用、カスタマーサポートなど多くの工程があり、これらのバリューチェーンを支えるプラットフォームとしてWEBサイトが存在している(と僕は考えている)。

事業会社のディレクターはこれらのバリューチェーン全体を見ながらどこを改善すれば最も成果が出るか自ら課題設定をしプロダクトを成長させていくものだが、受託側にいると基本的にはWEBサイトに関する課題解決にしか携わることができない。前職ではかなりお客さんに踏み込んでいたためバリューチェーン全体の情報を共有してもらっていたのだけれど、課題がWEBサイト以外のこととなると手を出すことができなかったため、とても歯がゆかった。

なので今後は事業会社でビジネス全体を見ながら仕事をして、課題設定力を鍛えていきたいと思う。起業したい!という願望はあまりないのだけれど、ビジネスをゼロからつくれる人間、経営みたいなことができる人間にはなりたいと思っているので、とりあえず3年後にプロデューサー、5年後に事業責任者を目標に頑張ってみようかと。

転職活動が終わったら入社エントリも書こうかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です